Concept

お教室に通われる生徒の皆さん、そしてバレエを指導される先生方の健康が守られ、
より良い環境のもとバレエと関わり心身が豊かに生きていける世界を目指して。

バレエ安全指導者資格の3つの特徴

Point 1

医師をはじめとする身体と心の専門家による
エビデンスに基づいた
確かな知識の習得

Point 2

身体を学び、ダンス界の
第一線で活躍されている
講師による実践講習

Point 3

誰もが安心して学ぶことの出来る
専任講師による学びの
サポートと修了後のフォロー

主な講師

井上 留美子 先生

Rumiko Inoue

日本整形外科学会専門医
日本整形外科学会認定スポーツ医
日本スポーツ協会公認スポーツドクター
医療法人社団成東会松浦整形外科内科院長

八木原 麻由 先生

Mayu Yakiwara

理学療法士

伊藤 あゆみ 先生

Ayumi Ito

管理栄養士
日本スポーツ協会・日本栄養士会認定 公認スポーツ栄養士

塚田 訓子 先生

Kuniko Tsukada

産婦人科医
アトラスレディースクリニック院長

藤後 悦子 先生

Etsuko Togo

東京未来大学こども心理学部教授
公認心理師
臨床心理士
臨床発達心理士
保育士

佐野 綾子 先生

Ayako Sano

弁護士(第二東京弁護士会)
あや総合法律事務所代表

芳賀 直子 先生

Naoko Haga

舞踊史研究家
新国立劇場バレエ研修所(バレエ史講師)
K Ballet School TTCコース(バレエ史講師)
大正大学客員教授

実践講習専任講師

青木 尚哉 先生

Naoya Aoki

ダンスグループzer◯主宰
振付家・ダンサー

神田 彩名 先生

Ayana Kanda

元英国ノーザンバレエ団
ボディコントロールピラティス協会
英国公認Level3ピラティスインストラクター

坂口 忍 先生

Shinobu Sakaguchi

元ノルウェー国立バレエ、
スウェーデン王立バレエ ダンサー
ワガノワバレエ教授法ディプロマ取得

バレエ安全指導者資格認定講師

鶴谷 美穂 先生

Miho Tsurutani

元イングリッシュ・ナショナル・
バレエ団
LISTD, Enrico Cecchetti Final Diploma Holder
BASI® Pilates(Mat) Certification

成川 さくら 先生

Sakura Narikawa

澁谷芸術企画代表
モスクワ国立舞踊アカデミー大学教師科卒
ロシア連邦認定バレエ教師

針山 愛美 先生

Emi Hariyama

バレエダンサー
一般社団法人イーアイアーツ代表理事

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: fujino-300x300.jpg

藤野 暢央 先生

Nobuo Fujino

元香港バレエ団プリンシパル
バレエダンサー
ピラティスインストラクター

中谷 広貴 先生

Hiroki Nakatani

バレエジャポンGM/バレエTV代表
バレエ専門パーソナルトレーナー

スタディグループ ファシリテーター

田坂 まい 先生

Mai Tasaka

フェルデンクライス・プラクティショナー
NLP(神経言語プログラミング)・プラクティショナー

カリキュラム

ベーシックコース(基礎課程)

バレエ安全指導の専門知識を理解するための基礎を学びます。実践講座では学んだ基礎知識を「どのように実践に活かすか」と、その応用術も学んでいきます。16歳以上ならどなたでも参加可能なコースであり、ダンス安全指導者資格取得の第一歩となるコースとなります。全日受講後に「ベーシックコース修了証」をお渡し致します。

日程1時限目
11:00〜12:30
(90分)
2時限目
12:50〜14:20
(90分)
3時限目
15:00〜16:30
(90分)
4時限目
17:00〜18:30
(90分)
1日目解剖学
総論・バレエ障害の概要
スポーツ医
エクササイズサイエンス
生体力学の基本)
スポーツ医
実践講習
バレエの姿勢・矢状面
中谷広貴
安全実習
(引き上げ・解説と実践①骨盤)
中谷広貴
2日目心理学
(ダンサーのためのメンタルヘルス)
公認心理師
栄養学
(栄養学基礎)
スポーツ栄養士
実践講習
(バレエの姿勢・前額面)
中谷広貴
安全実習
(引き上げ・解説と実践②脇とアームス)
中谷広貴
3日目解剖学
循環器・呼吸器)
スポーツ医
解剖学
(運動器の解剖)
スポーツ医
実践講習
立つ&ターンアウト)
成川さくら
安全実習
(ターンアウト基礎)
中谷広貴
4日目整形外科学
外傷と障害、怪我の初期対応)
整形外科医
解剖学
(脊柱&体幹
整形外科医
実践講習
(ポイントワークLv.1)
青木尚哉
安全実習
(ターンアウト応用)
中谷広貴
※カリキュラムとスケジュールは第4期ベーシックコースのものです。
カリキュラムの日時は変更となる可能性がございますのでご了承ください。

【オリエンテーション】

ベーシックコース初日のみ、10時からオリエンテーションを行います。

ティーチャーズコース(応用課程)

ベーシックコースを修了された方が参加可能なコースです。年齢ごとに必要な整形外科学、栄養学に加え、スポーツサイエンスや心理学など、指導者として必要なスキルを学んでいきます。専任講師による詳細な実践講習も大きな特徴の一つであり、全日受講後にティーチャーズコースの修了証をお渡し致します。

日程1時限目
11:00〜12:30
(90分)
2時限目
12:50〜14:20
(90分)
3時限目
15:00〜16:30
(90分)
4時限目
17:00〜18:30
(90分)
1日目栄養学
(ジュニア期の栄養)
スポーツ栄養士
解剖学
(筋収縮のしくみと筋力)
スポーツ医
バレエ史
(バレエ・リュス)

芳賀直子
実践講習
(指導者とは?)
青木尚哉
2日目エクササイズサイエンス
(生体力学)
スポーツ医
法律学
(指導者のための法律入門)
佐野綾子
バレエ史
(チェケッティとバレエ)

鶴谷美穂
安全実習
(学びの応用&バレエの動作と機能解剖)

中谷広貴
3日目産婦人科
無月経とピル
婦人科医
心理学
(ハラスメント)
公認心理師
実践講習
(チェケッティメソッド)
鶴谷美穂
安全実習
(学びの応用&バレエの動作と機能解剖)

中谷広貴
4日目心理学
(子どもの発達心理学)
公認心理師
エクササイズサイエンス
(オーバートレーニング・ストレッチ)
スポーツ医
実践講習
(ワガノワメソッド
成川さくら
安全実習
(学びの応用&バレエの動作と機能解剖)
中谷広貴
5日目整形外科学
(腰痛と体幹モーターコントロール フィードフォワード機構)
整形外科医
整形外科学
(ジュニア期、シニア期、女性の障害)
整形外科医
実践講習
(ポイントワークLv.2)
青木尚哉
安全実習
(学びの応用&バレエの動作と機能解剖)

中谷広貴
6日目エクササイズサイエンス
(創傷治癒/フットケア・スキンケア)
スポーツ医
エクササイズサイエンス
有酸素無酸素運動とトレーニング理論)
スポーツ医
実践講習
(世界のバレエの価値観と多様性)
坂口忍
安全実習
(学びの応用&バレエの動作と機能解剖)

中谷広貴
7日目栄養学
(女性、ダイエットと栄養
高齢者栄養 骨粗鬆症)

スポーツ栄養士
安全講習
(初期救急)
整形外科医
実践講習
つま先)
藤野暢央
安全実習
(学びの応用&バレエの動作と機能解剖)

中谷広貴
8日目整形外科学
(股関節 膝関節 肩甲骨)
整形外科医
整形外科学
(足関節)
整形外科医
実践講習
(つま先とポワント)
神田彩名
安全実習
(学びの応用&バレエの動作と機能解剖)

中谷広貴
9日目修了テスト 90分修了テスト解説認定式
※カリキュラムとスケジュールは2022年5月現在のものです。
カリキュラムの日時は変更となる可能性がございますのでご了承ください。

バレエ指導者の方で認定講師としてプロフィールに掲載や、活動をされたい方は最終日のテストを受講して頂き、合格すると認定講師として活動を行うことが出来ます。さらに今後予定されています各種スペシャリストコースの受講も可能となります。

【スタディグループ】

ティーチャーズコースに参加される方は指定の日時にZoomを使用し、田坂まい先生がファシリテーターを務めてくださるスタディグループに参加することが出来ます。
その週の学びの中での疑問やコースでの不安などを田坂先生がフォローしてくださるティーチャーズコース受講生のための特別なグループです。
安心して学びを進めていくための他にはない本資格の大きな特徴の一つです。

カリキュラム紹介

解剖学

まずは基本的な『人間の身体の構造』を学んでいきしょう。
運動器の解剖を中心に、運動を理解する上で欠かせない呼吸器系、循環器系の解剖や機能についてもお話しします。人間が生きる上で欠かせない『呼吸』や『心臓のはたらき』についてもこの機会に深く学びましょう。
人体の不思議に触れることは、その仕組みの中で表現されるダンス表現にも大きな影響を与えることでしょう。

動作分析&運動学

『身体の構造』を学んだ後は”どのように身体をコントロールするべきか”、また”正しい身体の使い方”について学んでいきます。ここでは実際に身体も動かしながら、各部位における安全な身体の動かし方や痛め方を学んでいきます。またその先にバレエの正しい動作があることもぜひ実感していただけたらと思います。『正しいターンアウト』とは何か、『正しいプリエ』とは何か。そういった具体的な部分についても学びを深めていきましょう。

栄養学

バレエは今現在も『見た目』を重視されてしまう芸術です。無理なダイエットや教師からの言動により一生抱えてしまう心身の傷を負ってしまう方も少なくありません。
栄養学を学ぶことで、正しく適切な判断を受け持つ生徒さんたちに行うことが出来るよう指導者のスキルアップを行ってきます。

産婦人科学

女性ならではの産婦人科的なトラブル、いろいろな悩みがあることと思います。特にバレエ含めて高強度なスポーツを行う女性の中で問題になっているのが無月経です。

原因は様々ですが、特に低体重と関連したエネルギー不足による無月経はアスリートの間でも深刻な問題になっています。

また、月経前症候群(PMS)に悩まされる女性も多いことと思います。そんな症状とどう付き合っていくのか、また最近スポーツの世界でもようやく浸透し始めた低容量ピルのお話などもお伺いしていきます。

心理学

これを読んでくださっているあなたは過去にバレエの上達とは関係のない注意(体型や人格の否定)などを受けたことがありますか?またはそのような注意をしてしまった経験はありますか?心、メンタルはパフォーマンスにおいて最も重要なもの。指導現場においては指導者自身の心のあり方も大切ですし、受け持つ生徒さんたちのメンタルをどのように健康に保つかを学ぶことは、特に現代に生きるプロフェッショナルの指導者に求められる必要なスキルです。

法律学

バレエの先生は業務委託契約に基づき、契約の相手である生徒に対しバレエの専門家として相応しい水準の指導を行うことが期待されます。それは生徒の経験やレベルにあわせたバレエ技術の指導だけでなく、生徒が心身の健康を損なわず安全にバレエの練習をできるように配慮することも法律上あるべき指導の内容として挙げられます。そのようなレッスンを提供できなかったために生徒が怪我をしてしまうと、バレエの先生には法的な責任、賠償責任が生じることがあります。プロフェッショナルの指導者として、生徒だけでなく自身を守ることもまた学んでおくことはとても重要な要素となっていきます。

エクササイズサイエンス

バレエは芸術ではありますが、アスリート同様に高負荷の運動であると考えます。本資格ではパーソナルトレーナーの資格にも準拠した『運動と身体に起こる反応』について踏み込んだ内容を学んでいきます。
そして原理原則である基本的なトレーニング理論を学ぶことでレッスンで組んでいくアンシェヌマンにも変化を見出すことが出来るでしょう。​

整形外科学

整形外科医の先生からさらに細かい身体の障害、各年齢で気をつけるべきポイントについて学んでいきます。指導の現場では様々な年齢、身体的状況のある生徒さんがいらっしゃいます。
受け持つ生徒さんたちの身体の違和感を可能な限り早く見つけ、大きな怪我を未然に防ぐこともまたプロフェッショナルな指導者に必要なスキルです。

安全講習

ベーシックコースでは怪我の初期対応を、ティーチャーズコースでは『AED』の使い方とコロナ禍における『感染症対策』について学んでいきます。
お教室を運営していく上で生徒さんの安全を確保することも今まで以上に教師の方にも求められるスキルです。普段の生活においても”まさか”の時に対応出来る一次救命の知識を持っていることは社会的にも大切なスキルと呼べます。

実践講習

身体のこと、ダンスのことを専門的に学び、実際の指導や創作の現場でそのスキルを活かし活躍されている専任講師による実践講習です。
同じ言葉でも人が変われば伝える言葉や表現が変わります。『安全』を学ぶことで頭でっかちになり、怖くて動けない身体を作るのではなく、ただの座学、知識の習得では終わらないこの安全指導者資格の大きなポイントとなる部分です。そのキャリアはもちろん、身体の基礎を学んだ上でオリジナルの世界を作り出している各講師のアイデア、世界観にもご注目ください。

実践講習②(学びの応用&バレエの動作と機能解剖)

その日の講義で学んだ知識をレッスン指導にどのように活かしていくか、バレエ専門トレーナーの中谷先生と一緒に考え落とし込んでいく時間です
学んだことを実践に活かすにはまた別の思考力が必要となります。その日学んだことがどのように実際の現場で活かすか。ここでは指導者導者が目の前にいる生徒のお悩みに対して分析し、考え、適切なアドバイスが出来るための力を養っていきます。また、バレエ専門トレーナーならではのバレエのための機能解剖など、バレエを安全に踊る上で欠かせない姿勢や動作についても学んでいきます。

スタディグループ(ティーチャーズコース限定)

オランダよりフェルデンクラス・プラクティショナーの田坂まい先生がオンラインミーティングツールを使用して行う皆さんをサポートするホームルームのような時間です。
実践講習に加え、本資格の最大の特徴とも呼べるこの時間は、はじめて専門知識に触れて頭がいっぱいになり不安を抱える皆さんの情報と感情の整理を行っていきます。
毎週木曜日に田坂先生と過ごす時間の中で、心を落ち着かせ、また学んだことの理解を深めていただけたらと思います。癒やし系と評判の田坂先生ですので、その出逢いをお楽しみに。

日時

ベーシックコース(基礎課程)

日程9月4日、11日、18日、25日(全4回)
時間全日11時〜18時半

ティーチャーズコース(応用課程)

 日程 10月2日、9日、16日、23日、30日、11月6日、13日、20日、27日(全9回)
時間全日11時〜18時半

【スタディーグループ】(任意参加)

スタディーグループは、ティーチャーズコース限定のクラスとなります。

 日程 参加者と相談の上、決定
時間21時〜22時半

会場

〒106-0041 東京都港区麻布台1-11-3
バレエジャポン事務局セミナースペース

※新型コロナウイルス感染症への対応についてはこちらをご覧ください。

受講資格

16歳以上
現在バレエを習っている方、踊っている方、指導されている方

定員

オフライン受講者各コース10名ずつ
オンライン受講者各コース30名ずつ

受講料

オフライン、オンライン共に

ベーシックコース(全4日間 計20時間)
12万円

・専門知識を理解するための基礎知識を学ぶコース
・実践講習では学んだ基礎知識をどのように実践に活かすかその応用術も学んでいきます。
・どなたでも参加可能なコース。
・ダンス安全指導者資格取得のための第一歩となるコースです。
・全日受講後にベーシックコースの修了証をお渡し致します。

ティーチャーズコース(全9日間 計35時間) 
24万円

・ベーシックコースを修了された方が参加可能なコースです。
・年齢ごとに必要な整形外科学、栄養学に加え、スポーツサイエンスや心理学など、指導者として必要なスキルを学んでいきます。
​・専任講師による詳細な実践講習も大きな特徴の一つです。
・全日受講後にティーチャーズコースの修了証をお渡し致します。
・バレエ指導者の方で認定講師としてプロフィールに掲載、また活動されたい方は最終日のテストを受講して頂き、合格すると認定講師として活動を行うことが出来ます。
​・さらに今後予定されています各種スペシャリストコースの受講も可能です。

申し込み期限

ベーシックコース(基礎課程)第四期募集

2022年9月1日まで

ティーチャーズコース(基礎課程)第三期募集

2022年10月1日まで

お申し込みにつきましては受講料のお支払いをもって、完了となります。
オフラインでの受講をご希望の方は特に人数に限りがございますので、お早めにお申し込みください。


お問い合わせ・お申し込み

    受講コース



    受講形態(お問い合わせの方はどちらかにチェックをお願い致します)



    ※3日以内に返信がない場合はお手数をおかけしますが、今一度メッセージをお願い致します。
    送信先メールアドレスはこちらから【safedanceassociation@gmail.com】も可能です。