本資格は【バレエの世界に安心と安全を】、そして【時代の変化に対応出来る教師】をテーマにしたバレエ指導者のための資格です。

私が東京バレエ団に在籍していた頃から今日までを振り返ると、ヨガにはじまりピラティス、ジャイロキネシス、ヤムナ、アレクサンダーテクニークやフェルデンクライスなど様々なエクササイズメソッドがダンサー達の間で広がり、バレエの先生もまたご自身でそれらのプログラムを受講されたり、生徒の方々にプログラムを提供されているスタジオも多く見受けられるようになりました。

ここで一つ考えてみていただきたいのです。

先生ご自身が受講されるクラスはもちろん、ご自身のスタジオでクラスをお願いしているエクササイズの先生方の中に、無資格の方はいらっしゃいますか?

きっと無資格の方はいらっしゃらないのではと思います。

日本でバレエを教えるのに資格はいらないから…

では先生ご自身はどうでしょうか?

バレエを指導する上で何か資格はお持ちでしょうか?

踊るための勉強ではなく、指導するための勉強はされてきましたか?

バレエの世界では指導者になるために何の資格もいらない、何も勉強しなくても良い。

確かに日本の現状はそうですが、生徒の立場からしたら実はとても不安なことではないでしょうか?

医学の世界では人の身体に触り、運動指導する方はみな国家資格を持っています。

エクササイズメソッドにしても例えばピラティスにはピラティスの先生がいらっしゃいます。そしてその先生はピラティスインストラクターの資格を取得された方でしょう。

最近ではパフォーマンス向上や怪我の予防のために身体への関心を持つ先生方も増えてきましたので、もしかしたら解剖学の勉強されたことがある先生もいらっしゃるかもしれません。

しかし人の身体はみな違います。解剖学を知っているだけでは運動指導はできません。

バレエは競技特性も強く、身体のことを知らずに指導すると怪我のリスクが高くなります。また幼少期からバレエを始める方、シニアになってから始める方と年齢層も幅広く、それぞれの特性を知った上で指導をする必要もあるでしょう。バレエ人口は増えているにもかかわらず、現場で指導している先生方はこの現実をご存知でしょうか?

医学の世界では、医療資格のない人に自分の身体を触らせないことが常識です。

バレエ指導をするにしても、替えの効かない身体を預かっているという意味で、生徒にとってどのような先生が安心出来るかは想像に難くないですよね。

安全に指導するためにできること

バレエ安全指導者資格は先生方が伝えたいバレエの形やそれぞれが学んできたメソッドはそのまま大切にして頂き、安全に指導することにフォーカスした勉強を徹底して行っていきます。

特に医師やスポーツ栄養士、臨床心理士などの国家資格をお持ちの先生方から直接身体や心について学べることは特に貴重な体験となるでしょう。

また本資格では座学で知識を詰め込むだけで終わらないように実践に使える身体の使い方やエクササイズを個性豊かで確かなキャリアのある先生方から学んでいきます。

先生ご自身が自信を持って現場に立つことはもちろんのこと、その現場において生徒や保護者の方々、他の先生方やスタジオのスタッフの方々にも安心して身体を預けていただけるように。

それが、バレエ安全指導者資格が目指す教師の姿です。

バレエの先生が時代の変化に取り残されないために

この資格のもう一つの特徴は身体的な知識だけでなく心理学や社会的背景についても学び、総合的に「指導するとはどういうことか」を考え、学んでいくことです。

記憶に新しいところでは先日行われたオリンピックで様々な問題が取り上げられていたように、バレエの世界、芸術の世界も海外の状況を見ると確実に変化が起きています。

何となく見聞きするSDGs、LGBTQ、合理的配慮、格差の問題なども実はバレエの世界とも強い繋がりがある言葉です。
   
特にハラスメントに関しては他人事ではなく、来年から新しく施行される法律もあります。法律で定められるということは『これはバレエの指導だから』と言っても許されなくなるということです。

そうしたことも含め、スタジオを長く健全に運営していくために今の時代の流れをしっかりと掴んでおくことはとても重要なことになってきます。

バレエの世界がより社会的にも受け入れられ、認められるためには劇場で踊るダンサー達だけでなく、各地域でお教室を開き、バレエを広められている先生方のご協力なくしてはあり得ません。

世界の状況が刻々と変わっていく中で、これまでの常識が明日には全く変わっていることもある。
それらの変化に対応し、日々アップデートしていかなくてはならない。
これは指導者であれば当然のことです。

伝統、歴史を伝えると同時に、今生きているこの時代のことを学ぶ必要性もあるわけです。

バレエから学べることはバレエのテクニックだけではないこと。バレエを通じて社会と、そして世界と繋がることも出来ること。

ぜひ一緒にバレエの可能性についても学び合っていきましょう。

バレエの先生が健康であることが生徒にとっても大切なこと

バレエの先生方ひとりひとりが理想とするバレエの形は全く同じものではないでしょう。

けれど、バレエに対する愛情は皆同じだけ強くあるのではないかと思います。

本資格はバレエの先生が生徒の方に対して安全にバレエを伝えるために沢山の学びを得る場ですが、バレエの先生方がこれからもずっと現場に立ち、愛する生徒の方々との時間を育んでいくためにもぜひご自身の健康と安全についても学んで頂けたらと願っています。

最後に、これがもっとも私が望んでいるものでもありますが、この指導者資格がバレエを愛する人達にとってゆるやかで穏やかに支え合い励まし合えるコミュニティとなることを心から願っています。

お教室に通われる生徒の皆さん、そしてバレエを指導される先生方の健康が守られ、より良い環境のもとバレエと関わり心身が豊かに生きていける世界を目指して。

バレエ安全指導者資格主宰
中谷広貴