【バレエ安全指導者資格 ティーチャーズコース 実践講習 講師】

坂口忍先生プロフィール

3歳より福岡にてバレエを始める。 古森美智子バレエ団研究所にて学ぶ。
神戸洋舞コンクール、北九州アジア全国洋舞コンクール等にて入賞。 ローザンヌ国際バレエコンクール出場を機にカナダ ナショナルバレエスクールへ留学、同校にてスカラシップ賞を受賞。
カナダナショナルバレエスクール卒業公演にて、ラ・バヤデールのニキヤ、ジョン・ノイマイヤー振付「Yondering」のBeautiful Dreamer 等の主役を踊る。
その後本拠地をロンドンへ、アダム・クーパー振付「Reflection」にてパ・ド・ドゥ、バランシン作品の主役を踊り、イギリスツアーに参加。
1998年 ヨーロピアンバレエに入団、シンデレラの主役を踊りイギリスツアーに参加。
1999年 ナショナルバレエ・オブ ・アイルランドに入団。
2001年 プリンシパルに昇格、「白鳥の湖」「くるみ割人形」「眠れる森の美女」等の主役、他多数の作品を踊る。
2002年 ノルウェー国立バレエ団へ移籍、グレン・テトリー「春の祭典」にて主役、バランシン、ナチョ・デュアト、ベン・スティーブンソンの作品にてソロ、他 マッツ・エック、ピーター・マーティンス、イリ・キリアン、等多数の作品を踊る。
2005年 スウェーデン王立バレエへ移籍。 ケネス・マクミラン、フレデリック・アシュトン、ナタリア・マカロヴァ、他のクラシックバレエ作品に加え、ジャン・クリストフマイヨー、ジョン・ノイマイヤー、クリスチャン・スプック、マウロ・ビゴンゼッティ、クリストフ・パスタ―、ニルス・クリスティー、ジョン・ノイマイヤー他多数の現代振付師のネオクラシック、コンテンポラリー作品を踊る。
2008年 帰国、福岡にて子供から大人までの指導を始める。
2012年、東京、有明バレエスクールのスクールマネージャーとして生徒育成、コンクール指導、留学、就職のサポートにあたる。川崎バレエコンクール審査員等を務める。
2013年 フリーとなる。 指導者、ダンサーとして活動。
2014年、「アーキタンツ2014」にてAlessio Slivestrin 振付「Opus131」を踊る。
2014年11月「忍バレエスクール国分寺」開校。
2015年 横浜ダンスインテンシブセミナーにて上級クラス講師を担当。
現在東京高等バレエ学校講師、忍バレエスクール国分寺主宰。
2022年 ワガノワ・バレエ アカデミー クラシックバレエ 教授法基本プログラム全課程ディプロマ取得。バレエ安全指導者資格ベーシックコース、及びティーチャーズコース修了。
バレエ安全指導者資格認定講師。