【バレエ安全指導者資格 ベーシックコース&ティーチャーズコース 実践講習 講師】

青木尚哉先生プロフィール

ダンサー・ 振付家。東京都あきる野市生まれ。16才よりダンスを始める。加えて学んだボディーワークから 身体の構造を基とした自身のメソッド「ポイントワーク」を開発。各地でワークショップを開催。近年は一般的な社会における「ダンスの活用」に視野を広げ、小学校への派遣授業や、地域公共ホールとのワークショップ公演なども手がける。
秋葉原の古民家ギャラリー「海老原商店」と提携し、劇場外での表現活動にも積極的に取り組む他、音楽家や映像作家等の異ジャンルとのコラボレーションにも活動の幅を広げている。音楽会、オペラ、映画の振付を担当するほか、演劇では身体と空間の関係性に拘ったステージングとして舞台製作にも携わっている。

経歴
2004〜2008年 新潟市レジデンシャルダンスカンパニー Noism在籍
2012年 『4….soku』を発表(JCDN主催「踊りに行くぜ!!セカンドvol.2」)全国5カ所を巡業
2013年 JAPON dance project(本拠地:モナコ)を仲間と共同で立ち上げ『Le Paradis des Fourmis』を発表
2014年 JAPON dance project 2014『CLOUD/CROWDクラウドクラウド』を新国立劇場にて発表
2015年 「クレアシオン」(日本バレエ協会主催)にて『互イニ素』を発表
2015年 「全国合同バレエの夕べ 」(日本バレエ協会主催)にて「in the air」を四国支部へ提供
2015年 「飛驒市文化交流センター開館10周年記念事業 オペラ《天生》」 にて振付を担当
2016年 スタジオアーキタンツ アーティスト・サポート・プログラム、対象アーティストに選出される
2017年 青木尚哉 グループワークロジェクトを発足
2017年 『interview of silence』にて「ダンスサミットin japan」グランプリ及び、経済産業大臣賞受賞
2017年 <JCDN若手振付家とダンサーのためのプログラム>にてファシリテーターを務める(KIAC)
2018年 演劇「人形の家」(北乃きい主演舞台)の振付を担当
2018年 城崎国際レジデンスセンターに滞在『集約させないパフォーマンス@豊岡私立美術館ー伊藤清永記念館ー』を実施、発表
2019年 無名塾 稽古場公演2019「野鴨」にてステージングを担当
2019年 オペラ「真昼の夜想曲」にて振付を担当
2019年 映画「羊とオオカミの恋と殺人」(福原遥主演)にて振付を担当
2019年 クロッシングスと提携し、Crossings ~ Tokyo×Seoul, Dance×Music ~にて日本、韓国二カ国公演を実施
2020年 自主制作公演にて『LANDSCAPE』を発表。