大人の方へ安全に指導の出来るプロフェッショナルな指導者を目指すコース

近年、大人からバレエをされる方の増加により、大人の方を専門としたバレエクラスやバレエスタジオも多く開校されるようになりました。

クラシックバレエを子供の頃にされていた方が再開されることもありますし、子供の頃にしてみたかったけれど当時は出来なかった方、大人から何かのきっかけでバレエの世界に触れ、その優雅な世界に憧れを持って飛び込んでくださった方など、バレエを習うきっかけや目的も様々。
ですが、バレエを習う皆さんにとってバレエを踊るその時間は生きがいとも呼べる大切な時間であることは共通ではないでしょうか?

クラシックバレエが年齢に限らず幅広い方々へ愛されることは本当に嬉しいことです。
社会のニーズがあることはバレエ業界としてもとても嬉しいことですが、現実を見渡してみると手放しに喜べることだけではなく、怪我や身体の不調を訴え、病院や整骨院などに通われる方も多くいらっしゃいます。

バレエの歴史を紐解けばバレエのレッスンはそもそも特定の作品や振付を踊るための身体トレーニングを目的として生まれました。

ワガノワメソッドしかり、チェケッティメソッドしかり、バランシンやその他多くのメソッドは、その先にある踊りを踊るためのトレーニングとして生まれたものなのです。

バレエの歴史的な背景や、大人の方の身体に起こる身体的、心理的変化への理解がなされないために子供たちやプロダンサーを育てるのと同じアプローチで大人の方へバレエ指導することの危険性を知らずに指導されている方も多いのではないでしょうか?

本コースは大人の方へ危険な指導をしてしまわないように知識を学び、大人の方でも安全に上達に導くことの出来るプロフェッショナルの指導者を養成することを目的としています。

本コースではティーチャーズコースまでに学んだ知識と理論をもとに、実際にどのようなアンシェヌマンを組んでいけば良いか考え、実践、実習していくことを軸として講義を進めていきます。


【実際の講義で行っていく内容の例】
・大人バレエの目的への理解
・大人の身体の特徴(ジュニア世代との違い)
・大人バレエでやってはいけないパや振付について(病歴や加齢による変化を踏まえて)
・相手を傷つけない声掛けや導き方について
・目的別のレッスンメニューの組み方
・トレーニングとしての音楽の使い方と表現について

現在すでにバレエ教師として指導されている方はもちろん、これから大人の方に向けたクラスを開設したいとお考えの方、これからバレエ教師を目指す方にもオススメのコースですので、お気軽にお問い合わせ、お申し込みください。

【担当講師】

鶴谷美穂先生(6月4日)
成川さくら先生(6月11日)
中谷広貴先生


開催日時
2023年6月4日、11日、18日、25日、7月2日、9日、16日、23日、30日の全9日間
全日11:00〜16:30

開催場所
〒106-0041 東京都港区麻布台1-11-3 バレエジャポン事務局セミナースペース

受講資格
18歳以上
バレエ歴10年以上
大人の方へバレエ指導したい方

【コース終了後について】
最終日の認定試験に合格された方で、
1)バレエ安全指導者資格認定講師をお持ちの方は大人バレエ専門講師として認定致します。
2)大人バレエ専門講師コースのみ受講の方は大人バレエ専門講師のアプレンティスとして活動して頂けます。

定員
オフライン受講者:10名(開催場所にて受講)
オンライン受講者:30名(Webにてオンライン受講)

受講料
20万円(オフライン、オンライン共に)

申し込み期限
2023年6月2日(金)

※申し込み期限前でも、定員になり次第締め切らせていただきますのでご了承ください。

カリキュラム

お問い合わせ・お申し込み

    受講形態(お問い合わせの方はどちらかにチェックをお願い致します)

    このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。