コース紹介

選べる2つのコース

ベーシックコース

(基礎課程)

バレエ安全指導の専門知識を理解するための基礎を学びます。
実践講座では学んだ基礎知識を「どのように実践に活かすか」と、その応用術も学んでいきます。
16歳以上ならどなたでも参加可能なコースであり、ダンス安全指導者資格取得の第一歩となるコースとなります。全日受講後に「ベーシックコース修了証」をお渡し致します。

ティーチャーズコース

(応用課程)

ベーシックコースを修了された方が参加可能なコースです。年齢ごとに必要な整形外科学、栄養学に加え、スポーツサイエンスや心理学など、指導者として必要なスキルを学んでいきます。専任講師による詳細な実践講習も大きな特徴の一つとなります。全日受講後にティーチャーズコースの修了証をお渡し致します。


ベーシックコース

日程1時限目
11:00〜12:30
(90分)
2時限目
12:50〜14:20
(90分)
3時限目
15:00〜16:30
(90分)
4時限目
17:00〜18:30
(90分)
1日目解剖学
総論・バレエ障害の概要
スポーツ医
エクササイズサイエンス
生体力学の基本)
スポーツ医
動作分析&運動学
(股関節)
理学療法士
実践講習
(重心とアライメント)
中谷広貴
2日目解剖学
総論・バレエ障害の概要
スポーツ医
解剖学
循環器・呼吸器)
スポーツ医
動作分析&運動学
(膝、足関節)
理学療法士
実践講習
(引き上げと体幹)
中谷広貴
3日目栄養学
(栄養学基礎)
スポーツ栄養士
実践講習
(立つ&ターンアウト)
成川さくら
実践講習
(つま先)
藤野暢央
実践講習
(ターンアウトと股関節)
中谷広貴
4日目安全講習
(外傷と障害、怪我の初期対応
整形外科医
解剖学
脊柱&体幹)
整形外科医
実践講習
(ポイントワーク)
青木尚哉
実践講習
(ジャンプのためのプリエ)
中谷広貴
※カリキュラムは第3期ベーシックコースの内容です。

2022年版 ベーシックコースの詳細

1日目

ベーシックコースの初日となる1日目。

1コマ目ではバレエ障害の概要と題して、バレエにおける外傷や障害にはどのようなものがあるか、そしてどのような原因で起こっているのかに触れていきます。これから多くのことを学ぶに当たって、バレエの競技特性や実際に医師がどのように診察をしているかについて知っておくことが役に立つでしょう。

2コマ目は生体力学の基本について学んでいきます。ティーチャーズコースでも生体力学の講座はありますが、ここではまず基本となるアライメントと重心にフォーカスして学んでいきましょう。


3コマ目は『栄養学』です。バレエが『見た目の美しさ』を重視する分野であるからこそ、その容姿について多くの方が悩みを抱えています。成長期の無理なダイエットがその後の人生を大きく左右するように、アスリート同様に身体を酷使するバレエにおいて食事について、栄養について学ぶことはダンサーの健康に直結する大きなテーマだと言えます。スポーツ栄養士の伊藤先生から栄養の基本に加え、実践に活かすための栄養学を学んでいきましょう!

4コマ目は前半の座学で学んだことを生かして、バレエ専門トレーナーの中谷広貴さんによる、重心とアライメントの実践講習です。自分の体の重心を感じること、そして重心の移動とはどのようなことなのかを体感していきます。



2日目

コース2日目。
1コマと2コマ目は『動作分析』です。理学療法士から静止時と動作時の姿勢、動作について学びます。
バレエをするにも基本となるのは日常動作に他なりません。まずは人間の体の基本的な姿勢、動きについて知っていきましょう。


そして3コマ目の実践講習は青木尚哉さんによるポイントワークです。
ポイントワークが初めてな方も、その考え方には気づかされる点が多々あることと思います。さらにそれをどのようにバレエ指導に応用していくか、そんなところまで深めていきたいと思います。

4コマ目はバレエ専門トレーナーの中谷広貴さんによる、引き上げについての実践講習です。前半に学んだ姿勢評価を元に、引き上げとはどういうことか、何が起こっているのかを体感していきます。


3日目

コース3日目。

1コマ目は『運動器』の解剖と機能について学んでいきます。

いよいよここからは解剖学の各論です。運動を発現するには筋肉だけではなく様々な器官がはたらいています。それらの解剖学的構造やどのように連携しているかについて学びます。

2コマ目は『呼吸器』と『循環器』の解剖と機能について学んでいきます。運動器の解剖がわかっていてもそれはわたしたちの体のほんの一部でしかありません。筋肉を動かすシステムを理解するためにはその資源を運ぶ血液循環や呼吸器についても知る必要があります。

踊っていても『呼吸して』と注意されることは度々あるかと思います。そして良いダンサーほど呼吸の質が高いことも事実あるかと思います。でもその『呼吸』とは人間の身体にどのような影響を与えているのでしょうか?『呼吸して』と簡単に言ってしまいますが、呼吸することの意味について医学的視点から学ぶところから2日目をはじめてみましょう。

3コマ目の実践講習では元香港バレエ団プリンシパルで数々のコラムをチャコットにも執筆されている藤野暢央先生が登場。こだわりをもっていらっしゃる藤野先生が股関節の使い方について皆さんにじっくりと熱く指導してくださいますので、どうぞお楽しみに!

4コマ目はバレエ専門トレーナーの中谷広貴さんによる、ターンアウトと股関節についての実践講習です。藤野先生に続き、ここでも股関節について深めていきます。ターンアウトは何のためにするのか、またターンアウトするにはどのような体の使い方をすればよいのかを実践していきます。


4日目

コース4日目。ベーシックコースの最終日。1コマ目は安全講習として、怪我をした際の対処法を学びます。怪我をしてしまった際の対応を学ぶことはまさかの自体に慌てないで対応出来るだけでなく怪我の悪化を防ぐことにも繋がります。人の身体を受け持つ指導者として、その場のリスク管理をしっかり行えることは、生徒さん達や預けてくださる保護者の方々の信頼を得ることにも繋がりますので、しっかり学んでいきましょう。

2コマ目は脊柱の解剖学です。ここでは「背骨」について整形外科の先生から学んでいきます。背骨はその動きにフォーカスしがちですが、脳から繋がる脊髄という神経の束を守る大切な機能も持っています。そういったことも含め皆さんはその形態や機能をどこまで理解しているでしょうか。ティーチャーズコーズではこういった基礎的な知識を学んだ上での話が出てきますのでまずはベーシックコースで背骨の基礎をしっかり学びましょう。

3コマ目は神田彩名さんによる、つま先についての実践講習です。つま先に関する注意はバレエでは多く見られますが実際にどのように美しいつま先を作っていくのか、実践しつつ学んでいきます。

4コマ目はバレエ専門トレーナーの中谷広貴さんによる、ジャンプのためのプリエの実践講習です。プリエにもいろいろありますが、ここではジャンプを安全に行うためのプリエについて学んでいきます。続くティーチャーズコースでは、ジャンプの生体力学も理論的に学びますが、。ここではまず自分で体感して見ましょう。

ティーチャーズコース

日程1時限目
11:00〜12:30
(90分)
2時限目
12:50〜14:20
(90分)
3時限目
15:00〜16:30
(90分)
4時限目
17:00〜18:30
(90分)
1日目栄養学
(ジュニア期の栄養)
スポーツ栄養士
心理学
(教育指導のための心理学)

臨床心理士
実践講習
(立ち方&ターンアウト)
成川さくら
実践講習
(重心とアライメント)
中谷広貴
2日目エクササイズサイエンス
(生体力学の応用)
スポーツ医
解剖学
(創傷治癒/フットケア・スキンケア)

スポーツ医
実践講習
(指導について)
青木尚哉
実践講習
(重心とアライメント)
中谷広貴
3日目産婦人科
無月経とピル
婦人科医
栄養学
(女性、ダイエットと栄養
高齢者栄養 骨粗鬆症)

スポーツ栄養士
実践講習
(感覚)
藤野暢央
実践講習
(重心とアライメント)
中谷広貴
4日目心理学
(ハラスメント)
臨床心理士
法律学
(指導者のための法律入門)
佐野綾子
バレエ史
『ジゼル』の変遷から見るバレエ史
芳賀直子
実践講習
(重心とアライメント)
中谷広貴
5日目エクササイズサイエンス
(筋収縮のしくみと筋力)
スポーツ医
エクササイズサイエンス
(エネルギー代謝、有酸素無酸素運動)
スポーツ医
実践講習
(バレエに役立つエクササイズ)
中谷広貴
実践講習
(重心とアライメント)
中谷広貴
6日目整形外科学
(股関節 膝関節 肩甲骨)
整形外科医
整形外科学
(足関節)

整形外科医
実践講習
(ポイントワークLv.2)
青木尚哉
実践講習
(重心とアライメント)
中谷広貴
7日目整形外科学
(腰痛と体幹モーターコントロール フィードフォワード機構)
整形外科医
整形外科学
(ジュニア期、シニア期、女性の障害)

整形外科医
実践講習
(ベクトルワーク)
藤野暢央
践講習
(重心とアライメント)
中谷広貴
8日目整形外科学
(腰痛と体幹モーターコントロール フィードフォワード機構)
整形外科医
安全講習
(初期救急)

整形外科医
実践講習
(ロシアバレエと留学)
成川さくら
践講習
(重心とアライメント)
中谷広貴
9日目修了テスト 90分実践講習
(伝統と変容)
針山愛美
修了テスト解説
&認定式

2021年版 ティーチャーズコースの詳細

1日目

ティーチャーズコース初日。いよいよここから認定指導者になるための学びがはじまります。
最初はスポーツ栄養士の伊藤先生による『ジュニア期の栄養』から。ここではスタジオに通われる子どもたちの栄養について、ジュニア期に気をつけなければならない食事や栄養について専門的に学んでいきます。年代別、性別に気をつけるポイントがありますので、生徒さんの健康を守るプロの指導者としてもう少し踏み込んで具体的な学びを深めていきましょう。


2コマ目は『筋活動のバイオメカニクス』です。パーソナルトレーナーを目指す方が学んでいく分野でもありますが、筋肉を酷使するバレエもアスリートと同じと捉え、トレーナー同様の専門的知識を学んでいきます。バレエの世界でも見聞きすることの多くなった『床反力』をはじめ、地球上の運動は全て重力下で行われており、身体は力学の法則に従って動いています。バレエもまた重力に影響を受け、そのパフォーマンスが決定されていますので、ジャンプやピルエットの上手な人とそうでない人の差など、テクニックの動作分析にも役立つ分野でもありますのでお楽しみに。


3コマ目は振付家でダンサーの青木尚哉先生による上半身の動きにフォーカスを当てた『実践講習』です。バレエを踊る上で上半身の動きの大切さは皆さんがご存知の通りですが、今まで学んできた解剖学的知識や動作分析、運動学などの学びの先にある身体の自由をぜひこの時間に学んでいきましょう。青木先生独自の解剖学的、運動学的視点は身体を学んだ後にその基礎知識をどのように解釈し、実際の指導に応用することが出来るかというアーティスティックな学びにもなる時間です。


2日目

コース2日目。​1コマ目は栄養学から。
バレエを習う方、指導する方でもっとも気になるダイエットと栄養や女性、アスリートの3主徴、高齢者栄養、骨粗鬆症など各年齢、性別、目指す目標それぞれに必要な知識を学んでいきます。栄養に関しては指導者も相談を受けることが多いと思いますが、それに適切に答えられず悩まれている指導者の方も多くいらっしゃると思いますので、ここでしっかり学んでいきましょう。


2コマ目は心理学。
バレエ指導者に心理学的な知識は必要でしょうか?
バレエを習い始めるのは早くて3歳頃から、そして高校を卒業する18歳まで一人の先生に学ぶことも少なくないと思います。家族よりも長く多くの時間を先生と過ごしていると言っても過言ではないかも知れません。お教室の中で先生が子どもたちに与える世界観、価値観の共有は、子ども達の人格形成にとってもその後の人生にも影響力も大きいこともまた事実であると考えます。先生の投げかける言葉一つで自己肯定感の低い人間や心身に支障をきたしてしまったり、先生が持つ世界や価値観の狭さが子どもたちの可能性の芽を摘んでしまうことにも繋がるかも知れません。近年スポーツの世界ではようやく取り上げられるようになった問題が、バレエやダンスの世界では【芸術】という言葉の中で曖昧にされてしまっていますが、ジュニア指導の際に起こり得ること、モラハラやパワハラについての知識を得ることもまた自身が加害者になることを未然に防ぐ術にもなりますので一緒にしっかり学んでいきましょう。


3コマ目は藤野暢央先生による『足』についての『実践講習』
『足』の使い方は股関節同様、バレエがバレエである根本的な問題でありテーマでもあります。目指すゴールとなる身体の使い方を指導者がより明確に知ることは、受け持つ生徒さんの可能性と健康に対する未来の明暗を分けることにも繋がりますので、藤野先生のアイデアをしっかり吸収していきましょう。


3日目

コース3日目。今日から4コマを使いスポーツ医の先生に『エクササイズサイエンス』について学んでいきます。
筋肉や骨のこと、関節などを学ぶ機会は多いですが、それらがどのようなメカニズムで動いているのかを学ぶ機会はあまりありません。まずは筋収縮を促す神経伝達の仕組みと筋繊維の解剖組織学をみてみましょう。さらに後半では筋収縮に必要な『エネルギー』は何なのか、どこからくるのかについて学んでいきます。身体を動かす『力』がどのように湧き上がるのか、そしてなぜ『疲れるのか』それらの漠然とした疑問についてもこれを学習することで解決できるかもしれません。『どうしたら体力がつきますか?』といった質問を先生方も受けることが多いと思いますが、それらについても学んでいきますので身体の不思議や面白さを発見して頂けたらと思います。


3コマ目、身体の中で自動的に起こる無意識の働きを学んだ後は藤野先生による『感覚』についての『実践講習』

どのような講義になるかは当日までのお楽しみです。


4日目

コース4日目。1コマ目は『有酸素運動・無酸素運動』について学んでいきます。
よく皆さんも耳にすると思いますが、どれくらいの方がその違いについて知っているでしょうか?当たり前に見聞きし、使ってしまっている言葉の一つでもありますが、その働きを知った時、身体に備わっている機能の素晴らしさに気付くことになると思いますので楽しみにしていてくださいね。

2コマ目ではエクササイズやトレーニングを行う意味についてもう一度改めて考えてみましょう。そしてみなさんが日頃行っているウォームアップとストレッチについても再確認していきます。どのようにウォームアップやストレッチをすれば良いか、またどのようにエクササイズをすれば良いかという以前に、なぜウォームアップやストレッチが大切か、またやり過ぎがなぜ良くないのかについて学んでいきます。受け持つ生徒さんの身体を守るための知識でもありますのでしっかり学んでいきましょう。


3コマ目は振付家でダンサーの青木尚哉先生によるストレッチの『実践講習』です。先生ご自身がヤムナをはじめボディワークを学び、またオリジナルの身体メソッドも考案されている身体マニアな方ですが、ストレッチの仕方だけでなく、ストレッチの補助の仕方、身体の触れ方などセンシティブな部分について指導してくださいます。ストレッチの補助で怪我をしてしまった、させてしまったという声も多く聞きますので、不本意な事故を未然に防ぐためにもぜひここで人間の身体の扱いについて学び、感覚を身につけていきましょう。


5日目

コース5日目。今日から4コマを使い、整形外科医の井上留美子先生の講習が始まります。
まず1コマ目は体幹について。そもそも体幹とは何か、体幹がどのようにして身体を守り、そして動きを生み出していくのかについて学んでいきます。
腹筋や背筋、細かくは『腹横筋』など、皆さんが聞いたことのあるワードやバレエに多い『腰痛』についてもその種類や原因なども学んでいきます。
身体の痛みはバレエを踊る時間だけでなく、日常生活にも支障をきたしますので、どちらの時間も健康であることを目指すために、学びを深めていきましょう。
『引き上げ』とはどのようなものであるかより詳しい知識を得ることになるかと思いますのでお楽しみに。


2コマ目は年齢や性別の障害について学んでいきます。

スタジオでは様々な年齢の方を指導されていると思いますが、それぞれに気をつけるべきことが異なります。特に子どもは小さな大人ではありませんし、子どもと同じ指導を大人の方にするべきでもないかも知れません。それぞれに合った内容を提供することもまたプロの指導者には必要なスキルの一つですので、ここでしっかり学んでいきましょう。

3コマ目はバレエ専門トレーナーの中谷広貴さんからアライメントと引き上げ、安全に身体を反らせるための身体の使い方やエクササイズについて学んでいきます。様々な身体の使い方やアイデアを学べますので、こちらもどうぞご期待ください。


6日目

コース6日目。1コマ目、2コマ目とバレエで痛めることの多い各関節の障害について学んでいきます。
パフォーマンスを向上させるだけが教師の仕事ではありません。受け持つ生徒の皆さんの健康と安全を確保すること、また生徒さんのお身体の状況をリサーチすること、防げる怪我を防ぐこと、そして状況に応じた対応が出来るようになることもプロの指導者としては必要なスキルです。今までのバレエの世界にある『痛くて当然』のような考え方が原因で生涯引きずるダメージを身体におってしまっている方も少なく有りませんので、そのようなことのないようより詳しく身体のことについて学んでいきましょう。


3コマ目はロシア連邦認定バレエ教師である成川先生にバレエの立ち方とターンアウトなどバレエのもっとも重要な基礎テクニックについて指導していただきます。
『百聞は一見に如かず』
多くの方にロシアバレエの固定化されたイメージがあるかと思いますが、ロシアバレエを継承するバレエ教師の成川さんから本場の身体の使い方を学んで頂けたらと思っています。


7日目

コース7日目。いよいよ最終日です。
最終日の1コマ目は安全指導者としてお教室内の安全を守ることが出来るよう感染症の対策の基本を学びます。現在の社会的状況の中でコロナウィルスの感染予防を徹底することが生徒さんや先生自身を守ることに繋がり、かつ地域社会においてもその信頼性を高めることにも役立ちます。生徒さんだけでなく、そのご家族の方の不安を取り除くための努力もスタジオの運営やレッスンを受け持つ先生に重要な仕事の一つですので、ここでしっかり学んでいきましょう。


2コマ目は初期救急についての講習を行っていただきます。スタジオ内でのまさかの自体に備えること。そこに先生しかいなくても最初の対応が出来るかどうかでその先が変わることもあります。また日常生活の中でも役に立つ知識ですし、なかなかこのような機会もありませんので一緒に学んでいきましょう。


3コマ目は認定講師になるための試験です。この試験を合格するとまで学んできたことに加え、バレエジャポン認定のバレエ安全指導者として活動をスタートすることが出来ます。バレエの世界に安心と安全を届けることの出来るプロフェッショナルの人材として活動していくことになります。より豊かな世界を一緒に創造していきましょう。